2009年6月7日日曜日

西の魔女が死んだ

この週末、娘(むすめ)といっしょに「西の魔女(まじょ:sorcière )が死(し)んだ」という映画(えいが)を見ました。日本の映画です。

ある日、「マイ」という中学一年生の女の子が、「もう学校へ行かない」と言いました。
それで、マイのお母さんはしばらくマイをおばあちゃんの家へ行かせることにしました。
マイのおばあちゃんはイギリス人で、森の中に一人で住(す)んでいます。実(じつ)は、おばあちゃんは魔女なのです。そして、マイも魔女になるために、修行(しゅぎょう:apprentissage)をします。そして、毎日の生活(せいかつ)がとても大切(たいせつ)だということを学(まな)んでいきます。

この映画の中で、おばあちゃんの役(やく:rôle)をしているのは、サチ・パーカーという人です。(シャーリー・マクレーンの娘です。)6歳(さい)から12歳まで日本に住んでいたそうです。ですから、とても日本語が上手(じょうず)です。きれいな日本語でゆっくり話しますから、とても分かりやすいです。みなさんも見てみてください。きっとよく分かると思いますよ。

4 コメント:

Claire さんのコメント...

パソコン と 音 の もんだい がある から ビデオ 聞こえません。
それで かんじ が つきづぎますから テキスト ちょっと 分かりません。

momma さんのコメント...

漢字(かんじ)にひらがなをつけました。どうですか?

Mathilde さんのコメント...

その 映画 を 知りません けど、 とても 面白そう です。

Les Zazen Rangers さんのコメント...

私も初めて見たんですけどなかなか面白そうな映画ですね。感動する場面はたくさんありそうです。最近の映画ですか?

Rouge

 
design by suckmylolly.com